2010年05月03日

映画『てぃだかんかん』を観る

ゴールデンウイークだというのに、
今年は連休さえもまともにとれないワタシ。


やっとやってきた連休ではじめての休日。
ひさびさに映画館へ足を運ぶことにした。




今回観たのは、
『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』。


映画『てぃだかんかん』のワンシーン


世界で初めてサンゴの移植産卵に成功したという、
金城浩二氏の実話を基に描かれたこの映画。


僕が大好きなお笑い芸人、ナインティナインの岡村隆史が、
笑いなし、体当たりで演じた作品というだけあって、
「きっと、『めちゃイケ』のオファーシリーズのような、
感動を僕らに届けてくれるに違いない!」って、
公開前から非常に楽しみにしていた作品だった。


観て感じた印象は、
「人の魅力を引き出すのは、その人のまわりにいる、
その人を支えてくれる誰か」ということ。


「もっときれいな沖縄の海を、家族に見せてあげたい」
という思いから、世界中で誰もやったことがない
サンゴの産卵を実現させようと奔走する主人公。


そんな夢に向かってただひたむきに突き進む
主人公を支えたのは、まぎれもなく、
彼の“家族”であり、“仲間たち”であった。


とくに光ったのが、
俳優としては不慣れな岡村隆史を
上手にカバーする、妻・由莉役の松雪泰子をはじめ、
原田美枝子、吉沢悠、國村準といった面々。


彼女たちの名演技があったからこそ、
岡村隆史の少年のような笑顔と純粋さが引き立ち、
観ている人たちが物語をよりリアルに感情移入できる、
そんな感じがした。


とくに、クライマックスのサンゴの産卵シーンは、
思わず「頑張ってきたかいがあったね」って、
ストーリーを知っているにもかかわらず、
感動してしまったし・・・。




そして、この映画の主題歌、
山下達郎の『希望という名の光』も見逃せない。


山下達郎氏いわく、
「主人公の無垢な魂を無条件に励まし続ける妻という、
気高い夫婦愛への賛歌」として作られたこの作品。


聴く人の心を優しく包むかのような
穏やかで温かみのあるメロディと、
どんな苦境にあっても、「また頑張ろう」って
思わせてくれる心に響く歌詞。



・・・運命に負けないで たった一度だけの人生を 
何度でも起き上がって 立ち向かえる力を送ろう・・・



という歌詞は、僕自身、本当に勇気づけられる。




映画についてあえて欲をいわせてもらえば、
「もっと深く、ドラマティックに演出してもよかったのかなあ」
なんて思ったけど、実話を丁寧に表現しているという意味では
ちょうどよいバランスなのかも???


いずれにしても、家族で感動できるいい映画。

つかの間の休日。
この映画で、僕の疲れた心も癒すことができました。



▼山下達郎の『希望という名の光』
希望という名の光


▼山下達郎レーベルオフィシャルサイト
http://wmg.jp/tatsuro/


▼映画『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』公式サイト
http://tida.goo.ne.jp/
posted by 猫たけし at 01:07| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。