2010年09月27日

カチドキレッドでつかんだ優勝

ついに、待ちに待ったこの日がやってきた。
ホークス7年ぶりのパリーグ制覇。


秋山監督胴上げ

 

ソフトバンクになってからは、プレーオフ制度導入以降、
2度、トップでレギュラーシーズンを通過ながら
優勝を逃していたので、これが実質“初”の優勝。


秋山監督としても、2年目で初の胴上げだ。



思えば、今年も本当に苦しい戦いの連続だった。


途中まで何回かは1位になるも、
杉内投手・和田投手の不調、中継ぎ陣の突然の乱調で、
毎度のごとく、9月に入って失速。


西武にマジックが点灯し、それが4まで減ったときには、
「ああ、今年もダメだろうなあ・・・」って、
半分、優勝をあきらめかけていた。


それが、だ。先週のヤフードームでの
最後の直接対決3連戦で、見事3連勝。

それも、3戦続けての逆転勝利。

あれで勢いが完全に変わった。




僕が考える優勝のポイントは「赤」。


西武との最後の3連戦の前、、
「ライオンズ 3連戦は炎の赤を身につけて
頂上決戦に参戦しよう!」という球団広報の
一言だったと僕は思う。


7月の「鷹の祭典」で、「カチドキレッド」の
特別ユニフォームで臨んだチームは、
ヤフードームで西武に3連勝。


しかも、3戦目は、ペタジーニ選手の劇的なサヨナラ本塁打。


あのときの3連戦をもう一度ヤフードーム再現しようと、
ファンに呼びかけた球団広報の土壇場の発想が、
まさに、チームの今年のスローガンである
「今年はやらんといかんばい!」という気合いを
チームとファンに注入し、一丸となって、
西武を打倒した、そんな気がする。


個人的には、「カチドキレッド」というネーミングも
気に入っているし・・・。




まあ、なにはともあれ、次はホークスにとって
鬼門のプレーオフ・クライマックスシリーズ。


これを克服しなければ、ホークスの日本一、
さらには、新たなる黄金期はやってこない。


実力伯仲のパリーグでさらなる高みを目指して、
「カチドキレッド」で、がんばれホークス!


お父さん犬



▼福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
http://www.softbankhawks.co.jp/

 


 



さて、今回は、クライマックスシリーズへと挑む
ホークス選手へのエールを込めて、
Superflyの『Wildflower』をピックアップしました。


Superfly

天海祐希主演のCX系ドラマ『GOLD』の主題歌に
なっていたこの曲。


越智志帆のパワフルなボーカルと、
たくましさやひたむきさを感じる前向きな歌詞。
そして、心に爽快さを感じさせる奥行きのあるサウンド。


この曲を聴くたびに、僕はいつもパワーをもらっています。


この歌のように、ホークスも、
チャンピオンらしく、たくましく、
クライマックスを戦い抜いてほしいなあ。




▼Superfly『Wildflower』

Wildflower



▼Superflyオフィシャルサイト
http://www.superfly-web.com/

 


 

posted by 猫たけし at 01:08| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163861101

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。