2010年10月10日

新店「暖暮」でひさびさにラーメンランチ

年末へ向け、一層、
忙しくなっているように感じる今日このごろ。


先日の健康診断。

おかげさまで、体重もウエストも昨年より大幅ダウン。

これも、仕事のおかげか?


・・・まあ、相変わらず「要経過観察」って
かかれてるけど。



今日は、ひさびさの休日。


車の1カ月点検をすませた後、「福岡ウォーカー」を読んで、
ずっと気になっていたラーメン屋を目指すことに。


国道3号線沿い、若木台に先月オープンした
「ラーメン暖暮 若木台店」。


ラーメン暖暮 若木台店


FBSの「九州ラーメン総選挙」で、以前、
1位をとったこともあるお店だ。


僕のなかでは一度食べていたと思い込んでいたけど、
考えてみれば、食べていない。


それどころか、ここんとこ、家と会社の往復で、
ラーメンさえ食べていない。


そうとわかれば、食べなくては・・・なんて、
そんな勝手な理由をつけて、早速入店。



僕が、オーダーしたのはコレ。

 


ラーメンとチャーシュー高菜丼


定番の「ラーメン」(650円)と、数量限定という
「チャーシュー高菜丼」(250円)。


今回は、ラーメンというより、
こっちの丼が目的だったりもする。


ラーメンのスープは、トンコツをアルカリ水で
10時間以上も煮込んだというもの。


確かに、トンコツのわりには臭みがなく、
スッキリしているけど、一蘭に似てる?


まあ、好きな味だけどね(結局、替玉もしちゃったし)。


一方、「チャーシュー高菜丼」は、マジでうまい。


甘辛いタレと刻みチャーシュー、高菜の相性は抜群。
金糸タマゴのやさしい甘みが、おいしさを引き立てている。

おかわりが欲しいくらい。



そうこうしつつ、店内を見渡すと、ほぼ満席状態。

トラックの運転手の方々に、休日ともいうこともあり、
近隣の住宅地の家族づれらしき人たちもちらほら。


立地もいいし、流行るだろうねぇ・・・?


でも個人的には、このお店ができる前に、
ここにあった天ぷら屋のほうが好きだったんだけどね。


まあ、今回は、可もなく不可もなく、ごちそうさまでした。



 

<お店データ>
店名:ラーメン暖暮 若木台店
TEL:0940-72-4336
住所:福津市若木台4-1357-144
時間:11:00〜翌2:00
定休:なし
URL:http://www.danbo.jp/

 


 



さて、今回は、JUJUのカバーアルバム『Request』を
聴きながら、ふと、原曲もまた聴きたくなったというこの曲、
the brilliant greenの名曲
『There will be love there-愛のある場所』をピックアップ。


 

川瀬智子


1998年にリリースされたこの曲。
当時、ドラマの主題歌として起用され大ヒット。


ブリグリらしい、キラキラ輝くサウンドと、
ボーカル川瀬智子のふんわりと包み込むような
甘くナチュラルな歌声は、このグループならではだと思います。


星のきらめく夜に聴くと、またいいんですよね・・・。


 

▼the brilliant green
『There will be love there-愛のある場所』
There will be love there-愛のある場所

▼the brilliant greenオフィシャルサイト
http://www.thebrilliantgreen.jp/

 
ラベル:ラーメン 暖暮
posted by 猫たけし at 00:57| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。