2010年01月05日

「静」から「動」へ・・・

2010年がはじまった。


僕にとって、本当に、“波乱”続きだった昨年。


2009年に味わったさまざまな「苦い経験」も、
答えが見えなかった「不安」や「迷い」も、
すべてのマイナス要素は、
年が変わったことを機にいったんリセット。


気持ちを新たにして、2010年に挑むことにした。




そんな気持ちも手伝ってか、
正月は、神にをもすがる思いで
真っ先に、福津市の宮地嶽神社へ初詣。


宮地嶽神社


「開運・商売繁盛の神様」として知られるこの神社。


例年、100万人以上が参拝するということもあり、
今年も予想どおり、たくさんの初詣客で大にぎわい。


いや、いつも以上に多い感じも。


「これも、いまの時代の影響なのかな・・・」
と思いつつ、日本一の大注連縄のもと、
多くの参拝客にもまれながら、今年一年の
自分と家族の「開運」を願ってきた。




帰りは、参道の茶屋で
焼きたての名物「松ヶ枝餅」を購入。


松ヶ枝餅


餅の表面に宮地嶽神社の神紋
「三階松紋」をあしらった、この焼き餅。


太宰府天満宮の名物「梅ヶ枝餅」と
形も味も変わりはしないのだけど、
今年はどうしても“験担ぎ”に
こだわりたく(?)、いつもより多めに
購入してしまった。


これで、年始めの“パワーチャージ”は完了。
あとは“幸運”を信じ、一日一日を頑張るのみだ。




僕自身にとって、
2009年が「静」の年だとすれば、
2010年は「動」の年。


昨年、たくさんの人からもらった
「元気」を活力に、今年はもっと積極的に動いて、
自分もまわりの人も「幸せ」にできるような、
そんな一年にしたい、そう願う。


なにはともあれ、皆さんにとっても
明るく、活気のある一年でありますように。


本年もブログともども、宜しくお願いします!



▼宮地嶽神社紹介サイト
http://www.miyajidake.or.jp/
【音楽プラス】>>> マッキーの「ライフソング」から...
posted by 猫たけし at 01:47| 福岡 | Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

来年こそ優勝パレードを!

今年のホークス、クライマックス出場の
立役者になった人といえば、やっぱりこの人。


摂津投手


勝利の方程式の一角、摂津正投手(摂は攝)。


ルーキーイヤーの今年、貴重なセットアッパー
として、球団新記録となる70試合に登板。


39ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手に
なると同時に、新人王のタイトルも獲得するなど、
賞にふさわしい大活躍の働き。


思えば、今シーズン、彼が抑えていなければ
きっと負けていただろうという試合が何試合もあった。


そのくらい、ピンチにも動じず、
ピシャリと後続を断つ、見ていて
本当に心強い中継ぎ投手だった。




そんな彼が、今日はご覧のとおり
たくさんのファンでもみくちゃに・・・。


パレードの様子


勝鷹水神を祭る社をもつ西新商店街連合会が、
毎年、その年活躍したホークス選手を表彰する
「MIP(モスト・インプレッシブ・プレーヤー)」賞。


今年はその賞を摂津投手が受賞した。


過去に、あの杉内投手や川崎選手も
受賞したこの賞も、今年で7回目。


毎年、表彰されたホークス選手は、
高取商店街から勝鷹水神のある西新商店街まで、
人力車でパレードをすることになっている。


今年はタイミングよく、パレードに遭遇。


でも、周囲は沿道の住民やファンなど、
おそらく100人ぐらいの人々に囲まれていて、
結局、彼に近づくことができなかった。


だから、写メもこれが限界。
摂津投手の顔もひきつっていたような・・・。


まあ、これだけの人から一斉に囲まれたら、
誰だってひくわなあ。




勝鷹水神前で表彰式のあと、
力強く「日本一!」と書いた絵馬を
奉納した摂津投手。


オフは今年の疲れをしっかり落として、
来年も守護神としての活躍できる万全の体制を!


そして、来年こそ、7年ぶりの優勝パレードが
見れますように・・・。


そう心で強く願いながら、
帰りに新しくできた勝鷹水神前の西新屋台村で、
「博多大黒天」のアツアツパリパリ
「はねつき鯛焼き・チョコバナナ味」(150円)
を食べていた休日でしたとさ。


はねつき鯛焼




▼福岡ソフトバンクホークス摂津投手プロフィール
http://www.softbankhawks.co.jp/team/player/detail/50.html

【音楽プラス】>>> 摂津投手の2009登場曲
posted by 猫たけし at 23:39| 福岡 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

ブルーライトクリスマス

先週の3連休で、クリスマスのイルミネーションが
ひととおり点灯した福岡の街。


僕の家の近所にある福岡タワーの周辺も、
ご覧のとおり、ブルーのライト一色に。


ももち☆ブルーライトクリスマス


毎年、この時期に開催されている
恒例の「ももち☆ブルーライトクリスマス」。


今年で14回目になるこのイベント。


12月25日まで、全長108mの巨大ツリーを
壁面に点灯させる福岡タワーを中心に、
シーサイドももちエリア全体が、ブルーを基調とした
約10万個のイルミネーションで彩られる。


結婚式場マリゾンへと続く道は、
ツリーや星といったブルーのイルミで、
普段以上にロマンティックな雰囲気に。


マリゾン


福岡タワーの中では、
マスコットキャラクターの「フータ」が
サンタスタイルに身をつつみ、
来場した子どもたちにお菓子を配ったり、
記念写真に応じたりと、忙しそうにしていた。


フータ


近所に住んでいるのにもかかわらず、
このイベントをこんなにゆっくり見るのはひさびさ。


一時期、このエリアにあるオフィスで
仕事をしていたことがあったけど、そのときは、
このイルミの前を行き来するばかりで、
見る余裕なんて全然なかったもんなあ・・・。


近くにビーチやヤフードームがあることもあり、
夏場は多くの人でにぎわうこのエリアも、
寒くなる冬場の集客が課題。


「近くのホークスタウンやシーホーク、
マリノアシティなどの周辺施設も巻き込んで、
もう少し大々的なイベントにしていけば、
もっと多くの人が呼べるのに・・・」と、
ずっと思いつつも、実際は、その実現が
非常に難しいこともよく知っている。


ましてや、時代が時代だし・・・。


そんなことを考えつつ、
広場のベンチに腰をおろし、
あったかい缶コーヒーを飲みながら、
しばし、幻想的な光の空間の中に
身をゆだねてみる。


風は冷たいけれど、そんなことも忘れるくらい、
心がすーっと癒やされていくのを感じる。


やっぱり、冬の夜は心地いい。




▼福岡タワーホームページ
http://www.fukuokatower.co.jp/

【音楽プラス】>>> 懐かしのクリスマスソング
posted by 猫たけし at 22:42| 福岡 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

北斗の水くみ

“冬生まれ”ということもあるが、
昔から「冬の夜空」が好きだった。


好きになったのは、おそらく小学生のころ。


「オリオン座を観察する」という理科の宿題で、
部屋の窓から南の空に輝くオリオンの三ツ星を
夢中になって見つめていた、あの頃からだったと思う。


それからというもの、冬の夜は毎度のごとく、
南の空のオリオン座を探すようになっていた。


最近は、視力が落ちたせいなのか、
それとも、街の灯りが強くなったせいなのか、
昔に比べて見つけることが難しくなってしまったけど…。


それでも、澄んだ空気に包まれた冬の夜空に、
いつもよりも増して輝いているように見える
星を見つけると、なんだかとっても
心が洗われたような気分になる。




「星」といえば、最近、僕の実家がある
街の広報誌でこんな記事を見つけた。


北斗の水くみの紹介記事


今年の大河ドラマ『天地人』でもクローズアップされた、
北の夜空に輝く代表的な星座・北斗七星。


ひしゃくの形をしたこの星座が、
北極星を支点にして西から東へ、
まるで「海の水をくんでいる」ように
動いてみえるというこの現象。


なんでも、北緯33度から34度くらいの間に位置し、
北に水平線のある場所でしか観測できないらしく、
世界のなかでも、日本の九州北部海岸
(関門から若松北海岸、波津海岸、さつき松原に
つづく海岸、あるいは宗像大島北側海岸)
だけなのだという。【むなかた電子博物館参照】


ずっと福岡県民だったにもかかわらず、
はじめて知ったこの話題に、思わず“へぇ〜”と
トリビアのボタンを押したくなった。




福岡の夜景


一方、こちらは僕のお気に入りの
夜景スポットのひとつである、
愛宕神社から見た福岡市街。


星空には負けるけど、ここから見える
福岡の夜景もなかなかのもの。


クリスマスシーズンが近づくこれからは、
多彩なイルミネーションの光に包まれて、
街はより輝きを増していくに違いない。


来週末には、「ももちブルーライトクリスマス」や
「天神のクリスマスへいこう」といったイベントも
はじまる。


もうすぐ、大好きな冬がやってきます。




▼むなかた電子博物館
http://d-munahaku.com/

【音楽プラス】>>> 冬の夜空が似合う星バラード
posted by 猫たけし at 22:54| 福岡 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

SEASIDE WALKER

最近、健康維持のために歩くことをはじめた。
(・・・といっても、ウォーキングというほどではない)


時間に余裕があるときは、バスも電車も使わずに、
家から天神まであることも。


歩くことが多くなったから、近所のクツ屋で
新しくウォーキングシューズも購入してしまった。


ウォーキングシューズ


幸いなことに、近所にはちょうどよい
ウォーキングコースがある。


室見川沿い


潮干狩りで有名な、室見川沿いの
この遊歩道を歩いていくと海に出る。


シーサイドももち海浜公園


福岡市の憩いスポットのひとつ、
シーサイドももち海浜公園。


そばには、福岡タワーやシーホーク、ヤフードームといった
福岡の有名観光スポットも点在するこのエリア。


その昔、あの『サザエさん』の作者、
長谷川町子さんもこの海を見ながら、
ストーリーやキャラクターをイメージしたらしい。


海から吹いてくる心地よい潮風と青い空、青い海。


ほどよく汗をかきながら、気分よく、
ウォーキングを楽しむことができる。


この海辺を歩いて、ヤフードームを経由して
家に戻るまで、だいたい8kmの“ロング散歩”。


徐々に慣れてきたら、ジョギングに切り替えようっと。



さて、今回は、福岡市出身・草野マサムネ率いる
スピッツの最新ナンバー『君は太陽』をピックアップ。


ホッタラケの島


綾瀬はるかが声優として出演する、
映画『ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜』の
主題歌になっているこの曲。


草野マサムネの清涼感あふれる声と
開放的でクリアなサウンドが心地よい、
スピッツらしさ全開のポップチューンに
仕上がっています。


ここ数日、涼しさも感じるようになった福岡。
空も、秋のような高く、澄んだ青色のように感じます。


今年はやはり、例年になく“短い夏”で終わりそうです。



▼スピッツ『君は太陽』
ホッタラケの島主題歌


▼スピッツレーベル公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/universalj/artist/spitz/


▼映画『ホッタラケの島』WEBサイト
http://www.hottarake.jp/

おまけ >>>>>
posted by 猫たけし at 23:50| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。