2009年07月02日

大雨と山笠と夏

これまでのカラ梅雨がウソだったかのような
バケツをひっくり返した大雨に朝から見舞われた福岡。


通勤途中、いつも利用している地下鉄の駅の
改札口の近くには、学生さんらしき人がいっぱい。


「電車で何か起きたのかな・・・」って、
ふと立て札に貼ってある文字をみてみる。


・・・JR筑肥線運転見合わせ・・・


地下鉄と接続されているJR区間は、
きれいな海が眺められる一方、
反対側は山が線路近くまでせりだしている。

そのため、ここ数日降り続いた大雨で、
確かに土砂崩れの危険は高まっているはず。


大事故につながるよりは、用心に越したことはない。

そう思いながら、ふとある顔が思い込んだ。
いつも仕事で助けてくれる後輩の顔が。


「きっと彼のことだからこのことは知らないだろう」


駅員さんに聞いてみたところ、
「再開がいつになるかわからない」という返事。

「彼がいないと仕事が止まっちゃうしなあ」

そう思い、とっさにこの件を伝えるため、
彼にメールを打ってみた。


しばらくして、案の定、


「まじですか?動く予定は?」という返事。


でも幸いなことに、彼は車で渋滞の高速を飛ばして
何とか無事に午前中で会社に出勤してくれた。
(会社に着くころには、電車が動き出したという
オチがついたけど・・・)



いつもと同じ日常なんだけど、
こんな経験ができるのもあとわずか。


気がつけば、会社の近くでは、
法被を来た男たちが町を闊歩していた。


暦は7月。博多では今年も山笠の季節がやってきた。


飾り山笠


写真は、博多リバレイン近くに建てられた飾り山。

今月、博多座で公演している福岡出身・
武田鉄矢の舞台をモチーフに作られているらしい。


福岡に大雨をもたらした雨雲が
九州からなくなるころにはいよいよ夏本番。

僕にとっても新しい季節がやってくる。



さて、今回は、雨をモチーフにした名曲のなかから
Kinki Kidsのデビュー曲『硝子の少年』をピックアップ。


思えば、この曲がリリースされてからはや12年。

気づけば彼らも、この頃のPVと比べると
ずいぶん大人に成長しました(まあ僕もだけど・・・)。


時間の流れって、ホントに早い。


▼Kinki Kids『硝子の少年』
硝子の少年

▼ジャニーズエンターテイメント公式サイト
http://www.johnnys-entertainment.co.jp/
posted by 猫たけし at 03:06| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

Wake me up

ひさびさに朝から本格的な「テスト」を受けた。

学生時代受けた以来だから、
実に、10数年ぶりのあの感覚。

そして、おそらく、あの問題は、高校入試レベル。


昨日は、早めに寝たはずなのに、
「眠眠打破」を飲んだはずなのに、
頭があまり働かない。


今週の仕事の疲れもあるのだろうか?
それとも、休日のほとんどが遅く目覚めるという
習慣になれてしまったせいだろうか?


学生時代は、すぱっと答えることができたはずの問題も、
喉元まで答えがでかけているにもかかわらず、
なかなか思い出せずにいる。


パソコンの文字うちに慣れているせいか、
ネットのキーワード検索に慣れているせいか、
普段は何気なく打ち出している漢字も、
すらっとかけるはずの文章も、
いざ、手にエンピツをもって解答用紙に向かうと、
筆がとまってしまう。



きっと、「めちゃイケ」の抜き打ちテストも、見ている側からすると、
「こんな簡単な問題、なんで解けないんだ・・・」って
笑えることなんだろうけれど、実際受けてみると、
意外に難しさを感じる。


それでも、なんとか解答欄すべてを埋めた。
手ごたえもまあまあある。


ひさびさに頭をフル回転させすぎたせいもあるのだろう、
帰りの電車のなか眠り込んでしまって、
思わず降りるはずの駅で降りることができなかった。


あとは、近日は発表されるであろう、結果を待つのみ。


動き出した歯車は、もうその進行を止めることを許されない。
僕がこれからどうなっていくのか、その答えは神のみぞ知る。



さて、今回は、昨年復活した
SPEEDの初期のナンバーをピックアップ。


SPEED


8月5日には、過去のナンバーを再録した
ベストアルバムをリリースする彼女たち。


初回盤には、今回ピックアップしたナンバーの最新PVも
ついているそうです。


SPEEDと同じく、僕自身もまさにいまが正念場。
そろそろ、本格的に目を覚まさなくては・・・。



▼SPEED『Wake Me Up!』
Wake Me Up!


▼SPEEDレーベル公式サイト
http://www.avexnet.or.jp/speed/
posted by 猫たけし at 21:08| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

フルムーン

新婚が結婚後に旅する「ハネムーン」に対し、
円満に過ごすシニアの夫婦が旅することを
指して名づけられたこの言葉。

調べてみると、どうやら、シニア向けの旅行プランを
普及させるために、JRがはじめてこの意味で
「フルムーン」を使ったらしい。


おそらく、今、日本で一番の人口を占めているであろう、
60代前後の“アラ還”層。

なるほど、「フルムーン」って言葉、
今はすっかり世間一般に定着したような気がする。

例にならうかのごとく、僕の両親もそうだから。



つい、先日の休日の話。
僕は、母からのこんなメールで目が覚めた。



題名:いってきます

本文:中継空港、セントレアから。母より


「確か、先月は中部・関西を旅行するって聞いてたけど…」
ワケがわからず、一瞬、ポカンとしてしまった僕。

思わず、「どこに?」って即レスを送ったところ、
しばらくして、僕の携帯に母が笑いながらこう告げた。


「あなたに話しているとばかり思ってた。
今から4泊5日で、北海道に行ってくるわ」だって…。



昨年も北海道を旅した2人。

今回は、網走から知床半島、摩周湖、十勝、
札幌を経由するパックツアー。


恒例の父の旅行先レポートでは、
キツネのはく製や札幌のホテルで撮った夕日の写真が
メールで送られてきた。


キツネのはく製


札幌のホテルで撮った夕日


帰りは、推理小説好きの2人の念願だった
トワイライトエクスプレスで大阪まで行って、
戻ってくるという。


▼トワイライトエクスプレス公式サイト
トワイライトエクスプレス


残念ながら、
梅雨入りしたはずなのにピーカンな日が
続いた福岡に対し、曇天の日が続いたという北海道。

でも、「今回も楽しい旅だった」と、
2人とも満足していた様子だった。


僕もこんなふうに「人生を謳歌したい」なあ…なんて。




さて、今回は、「北海道」にちなみ、
北海道出身の人気ロックグループ、GLAYの名曲のなかから、
『Way of Difference』をピックアップ。


GLAY


今年、デビュー15周年を迎えた彼ら。
6月10日にリリースされたベストアルバムにも
収録されたこの曲は、リリース当時、
人気番組『あいのり』のテーマソングにも
起用されていました。


「Way of Difference(=違う道)」
僕の向かうべき道の先には、どんな答えが待っているのだろうか?



▼GLAY『Way of Difference』
Way of Difference


▼GLAYオフィシャルサイト
http://www.glay.co.jp/
posted by 猫たけし at 19:22| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

犬もやっぱり歳をとる

忘れたころに突如送られてくる父からのメール。
今回は、実家で飼っているペットの話。

今週、10歳の誕生日を迎えたうちの愛犬。
人間に直すと還暦を迎えたことになるらしい。



そういえば、コイツとはじめてあったのは、
10年前のちょうど梅雨のころ。

就職活動中、福岡の会社の2次面接で
実家に帰省したときだった。

玄関のドアを開けた瞬間、
ちっこくすばしっこい犬が
スーツ姿の自分にとびかかってきたのを
今でもよく覚えている。


10年前


妹も大学入学と同時に1人暮らしをはじめ、
それと同時にいまの家に引越した両親。

これまでのマンション暮らしとうって変わって
庭つきの一戸建てで2人暮らし。

おそらく、その寂しさもあったのだろう。
引っ越してすぐ、2人でペットショップに行ったそうだ。


はじめから、日本犬を飼おうと決めていた2人。

ペットショップで愛想よく近づいてくる犬のなかで、
この豆柴犬だけは、ほえもせず、しっぽも振らず、
ただ父たちを遠目で見ていたらしい。


それでも、この犬を気に入り、購入した父。

うちに来てからは、ほとんど庭に放し飼いの状態。
お座りはするがそれ以外に芸はなし。

散歩をするときも、自由奔放に動き、
身内よりも家を訪ねるお客さんに尻尾をふる。

たまにほえるのは、さお竹売りのトラックの音が
聴こえたときぐらい。大きな音が苦手で、
雷が鳴ると窓ガラスを壊れるぐらいたたいて
家のなかに上げてくれと催促する、本当に小心者・・・。
でも、憎めないカワイイヤツ。

あれから10年。本当に月日が経つのは早いものだ。


そんな愛犬。父のメールによると
ここ数日、元気がないという。


元気のない実家のペット


誕生日用に母が買って来た犬用のお肉も
まったく食べず、歩くたびに悲鳴のような
鳴き声をあげる。


心配になって病院に連れていったところ、
結果は「老化による前立腺肥大」という診断が…。

いまのところ、薬で痛みをおさえているらしいが、
最悪手術になるかもしれないとのこと。

人間と同じく、犬もやっぱり歳にはかなわないらしい。
あまり考えたくないけど、もう何年も生きられないかも…。

そう思うとなんか悲しくなる。



そんな愛犬の回復を願って、今回は、
大塚愛の聴くと元気になれる
アップテンポのナンバーをピックアップ。


今度、僕が実家に戻るのは、
ゴールデンウィークの予定。

そのときまでに、また無邪気に庭を
かけまわってぐらい回復してることを期待して…。



▼大塚愛『SMILY』
SMILY

▼大塚愛オフィシャルサイト
http://www.avexnet.or.jp/
posted by 猫たけし at 12:34| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

日曜日よりの使者

一般的に、4月は「人事異動」の季節。

うちの会社にはあまり関係ないけれど、
僕のまわりでは、結構、転勤の話を耳にする。


元会社の先輩だったあの人そう。

4月1日づけで辞令がでて、もう明日からは
四国で働き始めるというドタバタさ。


それでも、相変わらず
ポーカーフェイス、いや、マイペース?


沖縄県出身のこの方。

心のうちはいろいろと不安なんかあるんだろうけど、
まったく顔にも口にも出さず、なんとかなるだろうと
いう飄々とした顔をしている。


沖縄のあののどかで温和な雰囲気が
こんな性格を育んでいるのか?


一方で、周囲の人を自然と味方に
つけてしまうのもこの人の魅力。

どんなに大変な仕事でも、
この人と一緒だと不思議となんとかなる、
そんなオーラを醸し出す。


これも、「うちなーんちゅ」パワーか???


きっとあっちにいってもこのペースで
周囲を巻き込んでいくんだろうなあ。


そして、なんだかんだいっても立派な一児の父。

独身の僕からみれば、
家族のために働く、守るべき誰かのために
現場に出て行くというその姿勢は
本当に尊敬する値する。

絶対に、いまの僕にはもっていないものだから…。


きっと僕の知らないところでは、
父として、一家の大黒柱として、
よき男ぶりを発揮しているんだろうなあ。

今回の転勤は、家族一緒に向こうへ移るらしいし、
僕らのようなジャマものがいない分、
今まで以上に家族サービスにも専念できそうだ。
(いや、そうしてください)



さて、今回は、そんな先輩がカラオケで歌う
数々の“甲本ヒロト”ナンバーのなかから
THE HIGH-LOWSの『日曜日よりの使者』を
ピックアップ。


...たとえば 世界中が どしゃ降りの雨だろうと
ゲラゲラ笑える 日曜日よりの使者...

...適当な嘘をついて その場を切り抜けて
誰一人 傷つけない 日曜日よりの使者...


まさに、この人のイメージソングじゃないかと
思えるくらいマッチしているこの歌。

恥ずかしながら、後輩としてこの歌を
先輩へのはなむけとして贈ります。


引継ぎでしばらくは、向こうとこっちを
行ったりきたりということなので、
また福岡へ戻ってこられた際は飲みにいきましょう!


P.S. 時間があったら、またお得意の
携帯メールで近況送ってくださいね。



▼ザ・ハイロウズ『日曜日よりの使者』
日曜日よりの使者


▼THE HIGH LOWSレーベルサイト
http://www.universal-music.co.jp/kittymme/artist/h-l/
posted by 猫たけし at 22:32| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。