2010年01月11日

ドーナツの黒船(?)西新上陸

最近、新しいグルメスポットが
続々とオープンしている西新エリア。


つい先日も、アメリカで人気のドーナツ店
「サザンメイドドーナツ」が“日本初上陸”、
しかも、近所の西新にオープンしたという
ニュースを発見し、早速、足を運んでみた。


お店の場所は、テングッドシティの1階。
以前、ピエトロズカフェがあった場所だ。
(写真でいうと、「ハローデイ」の看板の上)


テングッドシティ


ピエトロズカフェといえば、
以前、仕事でよくお世話になっていたお店。


そのお店がいつの間にかなくなってしまい、
いささか寂しい気もするが・・・。




さて、店内に入ると、
ちょうどティータイムの時間に
重なっていた(?)せいもあるのか、
土曜日にもかかわらず、
近くの女子学生やマダムでいっぱい。


ドーナツも、入れ替えの時間帯だったのか、
半分近くが売り切れだった。


それでも、なんとかGETしたのがこちら。


サザンメイドドーナツ


オリジナルグレーズ(160円・左上)、
オレンジケーキ(160円・右上)、
ストロベリースプリンクル(180円・左下)、
デビルズケーキチョコ(160円・右下)。


「福岡ウォーカー」さんがおすすめしていた、
一番人気のオリジナルグレースが残っていたのは
とてもうれしい・・・。




店内が満席だったこともあり、テイクアウトして、
家でインスタントコーヒーとともにブレークタイム。


“ヘルシードーナツ”が売りなだけに、
どのドーナツも“油っぽい”という
クドさはあまり感じない。


オリジナルグレースは、
食べると、シュガーの甘さがふわっと
口の中に広がって、結構おいしかった。


でも、普段ミスドばかり食べている僕の胃は、
「やっぱり、ドーナツはボリュームがあったほうが
いいかな」って、言っている気が?


値段も、こっちのほうが高いしね・・・。




それにしても、なぜ、日本初上陸の場所に
この西新を選んだんだろう?


確かに、西新は、住民の世代別のバランスがとれていて、
パイロット店としてはベターな場所ではあるけれど・・・。


ミスドも今年40周年だし、
このドーナツ対決、どうなるのか?


いずれにせよ、今度は
ドーナツが揚げたての時間帯に行って、
食べ比べてみるかなあ。



<お店データ>
店名:サザンメイドドーナツ 福岡本店
TEL:092-832-2270
住所:福岡県福岡市早良区祖原1-1 
   テングッドシティ1F
時間:9:00〜21:00
定休:なし?
URL:http://www.southernmaid.co.jp/
【音楽プラス】>>> 学生時代の思い出の一曲から...
posted by 猫たけし at 01:22| 福岡 | Comment(8) | TrackBack(2) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

長浜屋と長浜家

福岡のソウルフードといえば、
やっぱり「ラーメン」。


忘年会などでお酒を飲んだあとは、
「メタボになる・・・」と心の中で思いつつも、
シメにどうしてもラーメンが食べたくなる。


とくに、今日のような寒さだとなおさらだ。




「ラーメン」といえば、いま全国的に
話題になっている長浜地区。


僕も小さいころから何度も足を運んだことがある
博多ラーメンの「替え玉」発祥の地、「元祖長浜屋」の
目の前に、「元祖長浜家(け)」というラーメン屋が
オープンしたというのだ【asahi.com参照】。


ちょうど、近くで用事があったので、
遅めのランチとリサーチをかねて、
早速、新店の「長浜家」へ・・・。


元祖ラーメン 長浜家


平日の15時近くにもかかわらず、
お客さんは7〜8割埋まっている状態。


これも、「長浜屋」の営業時間が
13時40分に変更になった影響か?


スペースはそんなに広くないけど、赤を基調とした店内も、
テーブルの上に置かれたスープやお茶の入ったあのやかんも、
噂どおり「長浜屋」とまったく変わらない雰囲気。


いや、食券ではない分、閉店騒動前の
店内の雰囲気に近いのかも?


「長浜屋」独特の、「なま」「かた」「はりがね」という、
好みの麺の固さを注文する声も飛び交っているし・・・。




店員さんに「カタ」をオーダーしてから、
ものの1〜2分もしないうちにラーメン到着!


ラーメン


相変わらず早い。


なんといっても、一杯400円というのは
このデフレ時代にうれしい限り。


博多っ子らしく、いつものように
一杯目は麺のみを楽しみ、替え玉(100円)で、
スープや紅しょうがなどのトッピングを
麺と一緒に味わう。


あまりグルメ通でないのでうまくは語れないけど、
スープも麺も、昔から慣れ親しんだ「長浜ラーメン」
という感じ。


ただ、この夏に食べた「長浜屋」と比べると、
若干、麺の量が多くなったような気が・・・。




ワンコインでお腹と心を満たしたあと、
記念に「長浜屋」のほうから「長浜家」をパチリ。


元祖ラーメン長浜屋


道路をはさんで、ほぼ対面にお店が向き合う
この位置関係・・・本当に近い。


ニュースによると、道路の拡張工事のため、
「長浜屋」は来春には移転する予定なのだとか。


子どものころから数々の思い出が残るこのお店が、
この場所からなくなるというのは、
なんだかとても切ない気分・・・。


それにしても、この「元祖」騒動、
この先いったいどうなるのだろう?

【音楽プラス】>>> 年の瀬の夜に響く優しい歌
posted by 猫たけし at 12:39| 福岡 | Comment(4) | TrackBack(2) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

「オテルグレージュ」でプチセレブ気分?

ローカルニュースでその情報を知って以来、
ずっと気になっていたスポットがあった。


すべての部屋がオーシャンビュー、
ジャグジーつきの6室しかないゲストルームに、
ハマーリムジンによるお出迎え、
有名家具ブランドのカッシーナ・イクスシーで
トータルデザインされた館内・・・etc。


「デフレ不況」といわれるこの時期に、
贅の限りを尽くした豪華ホテル・・・。
それがこの10月、福岡にオープンしたという。




先日、車で近くを走っていたとき、
ついにそのホテルを発見!
その名も「オテルグレージュ」。


オテルグレージュ外観


ヨーロッパのデザイナーズホテルを思わせる真っ白な外観。
いかにも、「セレブ以外は立ち入り禁止!」って
いわれそうなラグジュアリーな雰囲気だった。


その日着ていたのが、パーカーにジーンズだったこともあり、
「とりあえず、パンフレットだけでも・・・」と、恐る恐る潜入。


入ってみると、内装もまたスタイリッシュ。
壁の白と家具の黒が、いかにも「大人の空間」っていう
雰囲気を醸し出す。


傍目からみると、明らかに「見学だけです」と
わかるような挙動不審の行動をしながら、フロントにある
フレンチレストランのコースメニューを見る。


ランチ4,000円〜、思っていたほどは高くない。


そんな感じでパンフレットが来るのを待っていたら、
フロントの男性が「よかったら、ラウンジもご覧ください」
と、下の階まで中を案内してくれた。




案内されたラウンジもまたオシャレ。
ガラス張りの店内からは、海とプールが見える。


ラウンジからの風景


結婚式場も併設するこのホテル。2次会会場はもちろん、
優雅な時間を過ごせるカフェ、夕日や夜景を楽しめる
オシャレなバーと、このラウンジは多目的な使い方が
できるようだ。


夏場はオープンテラスにして、プールを利用しながら
ドリンクを楽しむ、なんてことも計画中だとか。


ホテルスタッフの人とそんな会話をしていると、
突然隣にいた父が、「今日はおごってやる!」と、
まさかの太っ腹発言。


なんと、このラウンジでまさかのランチをすることになった。




僕がオーダーしたのは、「特製ドライカレーセット」
(コーヒー・サラダつき1,800円)。


特製ドライカレーセット


ご飯に添えてある鶏肉は、非常に柔らか。
全体的にみても、上品で優しい味だった。


「スタッフのサービスは丁寧できめ細かいし、
外のロケーション込みで考えると、このランチの
金額は妥当なんだろうなあ・・・」なんて、
またもや庶民派的な感覚を心の中で感じながら、
ひとときの“セレブ気分”に浸っていた。




ランチの後、ハマーリムジンと玄界灘をバックに
海外旅行気分で写真におさまる父。


残念ながら、この日は風が強く、海は映画のタイトルで
よく見る“冬の日本海”のように、荒れ狂っていた。


リムジンと冬の玄界灘


「今度は初夏ぐらいにでも、僕が両親を
フレンチレストランに招待しなくちゃなあ・・・」、
そう思った休日の一日でした。


----------------------------------------------

<ホテルデータ>
店名:HOTEL GREGES(オテル・グレージュ)
TEL :0940-38-7700
住所:福岡県宗像市神湊600
時間:ラウンジ  10:00〜OS21:30
   レストラン (ランチ)11:30〜OS14:00、
         (ディナー)17:00〜OS20:00
URL:http://greges.jp/
【音楽プラス】>>> 季節はずれのセレクト...?
posted by 猫たけし at 21:33| 福岡 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

「あんず畑から」で食欲の秋を満喫

最近、「バイキング」にハマっている父。


なんでも、年をとって歯が悪くなり、
昔ほどメニューを選べなくなった父にとって、
「好きな料理を好きな量で食べれる」バイキングが、
自分にとって一番都合がいいのらしい。


実家には、福岡県内で食べ放題やバイキングを
行っているお店を紹介した本があり、
月に1回、母と一緒にこの本で下調べをして、
あちこちのお店に食べに行っているのだそうだ。


バイキングの本


そんな父から、「なかなか行けない店がある」と頼まれて、
今回、車で連れてっていったランチのお店がこちら。


あんず畑から


福岡空港近く、3号線バイパス沿いにある
農場レストラン「あんず畑から」。


イムズにある「野の葡萄」のように、
自社農場で採れる旬の野菜を使った多彩な手作り料理を
ブッフェ形式で楽しめるという、スローフードレストラン。


木のぬくもりが感じられる店内には、
店名に「あんず」の名がつくとおり、
福津市の畑で生産された「朝採れ野菜」を使った
ヘルシーで、美味しそうな料理がいっぱい。


家族全員、「あれもこれもと」皿に盛るうちに、
4人掛けの机の上にのらないくらいの料理で
埋め尽くされてしまった。


料理
(食べることに夢中になって、写真もピンボケに・・・)




「ひさびさに美味しいバイキングだった」と喜ぶ父と母。


実際、11時半すぎにお店についたにもかかわらず、
お昼すぎには満席になったところを見ると、
かなりの人気店なのだろう。


よくみると、テーブル席のほかに個室もあるようで、
「子連れランチ」としても、平日の昼間、
ママさん達に喜ばれそうな感じ。


また、毎週第3土曜日は、「特別ディナー」を開催。
おしゃれなジャズを聴きながら、ちょっと大人の雰囲気で
スローフードを楽しめるそうだ。


「食欲の秋」を満喫した一日。


いっぱい食べた分、また明日から
気を引き締めてエクササイズを頑張ろうっと。


-----------------------------------------------

<お店データ>
店名:農場レストラン あんず畑から
TEL : 092-626-2860
住所:福岡市東区原田4-32-5 おいしい広場内
時間:ランチ 11:00〜16:00(OS15:00)
   ディナー17:00〜22:00(OS22:00)
定休:なし 座席数:120席 
URL:http://r.gnavi.co.jp/f034200/(ぐるなび参照)
【音楽プラス】>>> スポーツの秋におすすめの一曲
posted by 猫たけし at 23:21| 福岡 | Comment(6) | TrackBack(0) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

秋まつり

ずっと雨続きだった先週とは一変して、
すがすがしい晴天に恵まれた今週末。


シティマラソンに、ミュージックシティ天神、
地域の運動会など、福岡の各地でいろいろな
イベントが開催されていた。



僕の住む家の近所の商店街でも、こんなお祭りが・・・。


勝鷹夢まつりのパレード


西新・藤崎地区の4つの商店街が集まって、
毎年10月の第1日曜日に開催される
「西新・中西・高取 勝鷹夢まつり」という名の
街おこしイベント。


地元ホークスの必勝祈願所としても
有名な「勝鷹水神」にちなみ、
「困難に打ち勝ち、鷹のように広い視野で、
夢のある商店街を目指そう」と4つの商店街が
一致団結して、この祭りを企画したそうだ。


気がつけば今年で5回目らしく、
年々その規模も大きくなっているようで、
今年は、商店街内の飲食店が
スペシャル限定メニューで競い合う
「勝鷹G1グランプリ」なども開催されていた。


残念ながら、限定600枚で発売される
このグランプリの参加券はGETできなかったけど、
気になっていた「西新初喜」のお祭り限定、
「特製手造りぎょうざコロッケ」(1個100円)はGETできた。


ついでに、「新メニュー」という看板につられて、
西新の定番、ムツゴロウの形をした「むっちゃんまんじゅう」の
「コーンクリーム」(1個150円)も購入。


ぎょうざコロッケむっちゃんまんじゅう




「ぎょうざコロッケ」は、
「さすが和牛専門店!」というくらい、
アツアツのコロモに肉汁がしっかり
とじこめてあって、とてもジュージー。


むっちゃんまんじゅうの新作も、
スイートコーンの甘味と皮の甘味がマッチしていて
結構、おいしかった(一番はハムエッグだけど)。


勝鷹水神


こちらは、「勝鷹水神」。


神棚近くには、ホークス秋山監督のサインほか、
何年か前にこの祭りのパレードに登場した
杉内投手の写真などが飾られている。


なんとか、クライマックス進出は決めたものの、
いまひとつ波にのれない今のホークス。


楽天や日ハムの勢いとホークスの勢いを考えると、
残念ながら、今年も大きな盛り上がりもなく、
すぐにシーズンオフを迎えそうです(-_-)

【音楽プラス】>>> 今年の秋はどこへ行こうか?
posted by 猫たけし at 12:12| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(1) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。