2009年09月27日

西新に一蘭がやってきた

いつのまにやら、ラーメン店の
激戦区になっていた西新。


ここ数年、プラリバ近くに数軒のお店がオープン。
激安ラーメンのお店から、福岡ではなじみの薄い
油そばのメニューを出すお店など、トンコツ以外の
ラーメンも楽しめるようになった。


そんなラーメン激戦区の西新に、
この度、あの一蘭が進出。


一蘭西新商店街店


思い返せば、
「博多ラーメンの価格をあげたのはこのお店と
一風堂じゃないか?」っていうくらい、
このお店の知名度のアップとともに、
博多ラーメンの価格も高くなったような気がする。


でも、たまーに、食べるとその味はクセになる。
よく前の会社の人と一緒に夜食で食べていたなあ・・・
って、感じることも。



チェーン店だから他と何も変わらないと感じつつも、
「昔、ここができる前にあったカフェから
どう変わったのだろう?」と、興味津々で先日入店してみる。



食券を買ってお店のなかに入ると、
相変わらずの仕切りカウンター。


店内


まあ、おひとり様の人にはコレでいいのだろうけど。


席について、毎度のごとく、
自分の好みの味や麺の固さ、具材を記入し、
ボタンで、顔が見えないお店の人を呼ぶ。


待つこと数分。ラーメンがやってくる。


ラーメン


普通、チェーン店でも、味や内容に
若干の差異があるんだけれど、
ここのラーメンは本当に“一寸のくるいもない”
くらい同じ味。おそらく、全国津々浦々、
一蘭のラーメンはこの味なのだろう。


結局、あーだこーだいいながらも、
替玉までしてしまった僕。


まだ新店だからか、夕方のすいている時間帯にも
かかわらず、帰る間際でもカウンターは
8割方、人で埋まっていた。
2階に上がる学生の集団もいたし。


高校、大学が近くにあり、
学生や一人暮らしの社会人も多く居住する
この地への出店。果たして吉とでるかどうか?


個人的には、このならびにある
昔からあるラーメン店を応援したいなあ・・・。



▼一蘭オフィシャルサイト
http://www.ichiran.co.jp/

【音楽プラス】>>> 西新ゆかりの女性歌手
posted by 猫たけし at 22:16| 福岡 | Comment(3) | TrackBack(0) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

ぶどうの樹まで行って食う

前半は晴天に恵まれたものの、終盤は
まとまった雨が降った、福岡のシルバーウイーク。


大型連休を利用して、久しぶりに車で
岡垣町にある「ぶどうの樹」へドライブランチ。



入ったお店は、園内にあるバーベキューレストラン。


店の入り口


天井がブドウのツタで覆われた、まるでブドウ畑のなかで
食事をしているかのような雰囲気の店内。


ぶどうの樹の店内


残念ながら、訪れたときは天気がくもりだったため、
店内は昼なのにちょっと暗い感じだったんだけど、
夜は夜でこのほのかなオレンジの灯りが店内を
幻想的な空間にしてくれるそうだ。



本来なら食べ放題のバーベキューを注文するところ、
今回は、9月30日までの期間限定ということもあり
季節の食材を使った5種類のメイン料理の中から
1種類を選ぶ、「アラカルト」のランチをチョイス。


料金は1,800円〜なんだけど、
メイン料理に、前菜、季節のデザートがついて、
さらに、ビュッフェスタイルで、
地元・岡垣町の農園でとれた野菜のサラダ、
園内で作られた数種類の天然酵母のパン、
スープ、自家製カレーなどが楽しめるということを
考えると、案外リーズナブルな金額といえるのでは???


僕がオーダーしたメイン料理は、
「ムスカ トマトソース〜温玉付き〜」。


ムスカ トマトソース〜温玉付き〜


「ムスカ」と聞いて、一瞬、
“宮崎駿アニメ”が頭によぎった僕。


ジャガイモを使用したギリシャの郷土料理らしく、
グラタン風のトマトソースの下には、
ホクホクでほの甘いジャガイモとナス、
そして、ここの名物の荒挽きソーセージが。


でも、見た目ほどこってりとはせず、
トマトの酸味がほどよくきいた、
いかにも“おふくろの味”といえる
やさしい一品だった。


セットでつく温玉ソースに、荒挽きソーセージを
ひたして食すと、いっそうまろやかな味に。


ちなみに、園内には、
カフェや和食処、パン工房、宿泊施設も併設。
ソーセージやパンづくりを体験できる教室もある。


食欲の秋。
緑豊かな自然のなか、家族でのんびり
休日を満喫したい人に、おすすめのスポットですよ!

--------------------------------------------

<お店データ>
店名:バーベキューレストラン ぶどうの樹
TEL:093-282-2232
時間:ランチ11:30〜OS14:30
   ディナー 17:30〜22:00(OS20:30)
定休:不定休
※今冬から来春は改装のため休店
URL:http://www.budounoki.co.jp/

【音楽プラス】>>> 秋の夜長に聴きたいうた
posted by 猫たけし at 19:49| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(1) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

週末は花火大会&市役所へ!?

以前、一緒にいろいろな仕事をしていた
女性デザイナーさんに待望の男児が生まれた今週。


先週末から降り続いた豪雨も
骨折で入院していた先輩の退院という
朗報とともにあがり、
いよいよ梅雨明けという気配に。



今週末の福岡のイベントといえば、
大濠公園で開催される花火大会。


▼「るるぶ.com」内「西日本大濠花火大会」情報
西日本大濠花火大会


いつも会社の屋上から眺めていたこの花火も、
今回は、開催日が土曜日ということもあり、
気兼ねなく、ゆっくり楽しめそうな予感?



週末のイベントといえば、もうひとつ。
7月30日づけの西日本新聞の朝刊に
掲載されたこちらの広告。


「夏休みに行こう!九州の旅」観光物産展


いつもお世話になっている広告代理店の
担当者さんが中心となって企画されたこのイベント。


7月31日と8月1日の2日間、新しく芝生広場を備えた
福岡市役所のふれあい広場で開催。

夏休み、秋のシルバーウイークに最適な
九州各県の観光情報がGETできるほか、
各地の名産や新作メニューなど、
ご当地グルメが堪能できるそうだ。


▼福岡市役所最新トピックスより
福岡市役所 芝生広場


今回、僕もこのお仕事に少しからんだということもあり、
明日は挨拶もかねて、仕事仲間と一緒に
ご当地グルメを楽しみにいく予定。


土曜日も開催されているので、花火大会前に
浴衣でちょっと立ち寄ってもいいかも?


いよいよ「夏本番」って感じです。



さて、今回は、「夏モード突入」にかけて、
mihimaru GTの世界卓球のテーマソングにもなった
ノリノリのサマーチューンをピックアップ。


▼イオンCMギャラリーより
イオンMizugi&Yukata★Magic


現在、ミヒマルの2人や木下優樹菜などが出演している
『イオンMizugi&Yukata★Magic』のCMソングに
なっているこの曲。


“夏をさきどり!”というCMイメージにぴったり、
ミヒマルらしい、どこまでもポジティブな
元気いっぱいのポップチューンに仕上がっています。


30日はヤフードームが「浴衣de応援デー」と
いうこともあり、試合開始前には彼女たちの
ミニライブもやっていましたよね。


ちなみに、北九州市でも、今週末は
「わっしょい百万夏まつり」を開催。


先週は、大雨の影響で
暗い話題ばかりが目立った福岡の街。

今週こそは、この歌のように元気いっぱいに、
夏らしい日差しを浴びながら、多彩な祭りで
みんな大いに盛り上がることができればいいなあ・・・。



▼mihimaru GT『Switch』
Switch


▼mihimaru GTレーベルサイト
http://www.universal-music.co.jp/universalj/artist/mihimaruGT/続きを読む
posted by 猫たけし at 01:11| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(2) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

「冷やし中華」始めました

だんだん夏へと近づく季節を
感じるようになった今日このごろ。

こうも暑くなると、たまーに
冷たい食べ物が食べたくなる。


今週、仕事の後輩と昼めしを食いに
会社の近くにある老舗中華屋の福寿飯店へ。


福寿飯店


子どものころから両親と映画を見た後は、
必ずというほど来ていた中華料理屋。

その習性(?)からか、いつもランチで注文するのは、
アツアツで太い麺の特製皿うどん(850円)。

「今日ももちろんそれを注文しよう!」と
思っていた矢先、お冷を持ってきた男性が一言、


「今日から“冷やし中華”始めました」


まさに“夏の代名詞”ともいえるこのフレーズ。

メニューを見てみると、確かに「季節限定」の文字が。
「そういえば、ここで他の麺をあまり食べていないな」
なんて思いつつ、興味があったので早速注文。


で、出てきたのがコレ。


冷やし中華


皿うどんに負けないぐらいの具だくさん。
かけてあるタレは少し酸っぱさを感じるゴマ風味。
まあ、バンバンジーのあのタレに近いのかな???

それでも、今からの季節に食するにはぴったり。
やさしい味で、ボリュームの割には、
僕にとっては、胃にももたれないぐらいの量。


値段はそこそこの850円。
まあ、ランチにしてはちょっと高いかもしれないけど…。

暑い季節。しばらくはこの麺を注文しそうだあ。



さて、今回は、こちらも夏の代名詞(?)、
ゆずとキマグレンというさわやかな夏のうたが似合う
2組のデュオコラボが話題を呼んでいる、
ゆずグレンの『two友』をピックアップ。


ゆずグレン


4人の究極のハーモニーが心地よさを感じる、
「夏をさきどり!」というアレンジに仕上がっています。

初夏の海辺で波の音とともにこの曲を聴いたら
きっと気持ちいいだろうなあ…。

この夏こそ、海へいこう…(行けるかな???)



<お店データ>
北京料理 福寿飯店
TEL:092-281-2337
住所:福岡市博多区下川端町10-1
営業時間 :11:30〜21:30(LO20:15)
休み:不定休
URL:http://www.walkerplus.com/kyushu/gourmet/DETAIL/V-KYUSH-9RAHV001/(グルメウォーカー)


▼ゆずグレン『two友』
two友


▼ゆずグレンレーベルサイト
http://www.universal-music.co.jp/yuzuguren/
posted by 猫たけし at 20:55| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

のんびり過ごすGW

僕にとっても例年になく長い休日となった
今年のゴールデンウイーク。

毎度のごとく、福岡に帰省した友達と酒を喰らい、
多くの人々でごったがえす博多を離れて実家へ。



両親がこの地に住んで約10年。
あのころに比べると、実家の周辺も様変わり。
新しいお店やまだまだ知らない穴場がいっぱい。


まずは、最近、両親がよく利用しているという
古賀市にある薬王寺温泉・偕楽荘へ。


▼薬王寺温泉・偕楽荘ホームページ
薬王寺温泉・偕楽荘


古賀IC近くにあるというこの日帰り温泉。
正直、こんなところに、こんな穴場が
あったなんて、父に聞くまで知らなかった。


ここの自慢は、温泉名にも入っているとおり、
「励明薬湯」という薬湯。

スポーツ選手も利用するという、厳選した
漢方生薬を8種類ブレンドしたこのお風呂。

入った瞬間に強烈な薬のにおいが息穴に入り、
思わずゴホゴホ、カラダはヒリヒリ…。

近所の人だろうか、父も含め、まわりの人は
平然とこのお風呂に浸かっている。スゴイ…。


薬王寺温泉の周辺マップをみてみると、
近くには遊歩道や憩いの広場もあるらしい。


周辺マップ


新緑の季節。山歩きあとに温泉で汗を流したいと
いう人にはオススメかも?



家に向かう途中、「ケーキを買いたい」という母。
そういえば、もうすぐ父の誕生日。

母のナビで案内されたのは、「くりえいと宗像」
近くにある、ケーキ屋の「Cocoro」へ。


▼「食べログ」の「Cocoro」レビュー
CoCoro


2年前にオープンしたというこのお店。
店内はケーキのほか、オリジナルの洋菓子もいっぱい。
「宗像カステラ」というのもあるらしい。

美味しそうだったので、僕もバースデーケーキと
一緒にマドレーヌケーキも購入してみた。

マドレーヌはほどよい甘さで、卵の風味いっぱい。
バースデーケーキとして購入した
チョコレートケーキも、どっしり感はなく、
ビターがほどよく効いた大人の味でおいしかった。



休日の最後のランチは、宗像大社近くにある
「玄海食堂 温や」へ。


▼「グルメウォーカー」の「玄海食堂 温や」紹介ページ
玄海食堂 温や


先日、テレビで、はなわが食べていたこのお店の
名物「たこカレー」がどうしても食べたくて、
「今度実家に帰るときはここに行きたい」と思いながら、
この日ようやく実現。

ランチ時、しかもスタッフが少ない日(?)ということも
あってか、12時すぎというのに順番まち。

でも、待ったかいもあり、なっとくのウマさ。
シーフードカレーのコクに、タコ、エビなど
海の幸がおしげもなく入っている豪華カレー。
カレーのうえにのっている卵焼きがやさしい味で、
カレーの辛さを引き立てていた。

若干、ランチとしては金額がはるのが難点か…?
でも、両親がそれぞれ注文したランチメニューも
おいしかったらしく、まあよしとするか…。


いずれのスポットも、肝心な料理やお風呂の写真を
撮影するのを忘れてしまった私。
ブロガーとしてはまだまだのようだ…。



さて、今回は、今度の日曜の「母の日」にちなんで
現在「ロッテガーナチョコレート」のCMで流れている
FUNKY MONKEY BABYSの最新ナンバーをピックアップ。


今回も、彼ららしい、心あたたまるラブソングを
僕らに届けているファンモン。

恒例のジャケット・PVコラボは
チュートリアルの徳井義実が登場しています。


北海道まで桜前線が北上し、季節は春から夏へ…。
また、暑い季節がやってきます。



▼FUNKY MONKEY BABYS『桜』
桜


▼FUNKY MONKEY BABYSオフィシャルサイト
http://www.funkymonkeybabys.com/
posted by 猫たけし at 20:21| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。