2010年08月14日

週末はついつい「うぬぼれ」なう

前クールとうって変わって、正直、
それほど「見たい!」というものがない
今夏のドラマ。



そんななかで、ついつい見てしまうのが、
TBS金曜夜10時の『うぬぼれ刑事』。

 
うぬぼれ刑事


このドラマのポイントは、なんといっても、
その“ゆるーい”感じ。

毎回、真犯人の女性の犯行を突き止めた“うぬぼれ”が、
「罪を見逃してもらう代わりに僕と結婚する」か、
「結婚を受け入れなければ逮捕する」かその女性に迫り、
結局、女性が結婚を受け入れずに逮捕されるという
ワンパターンの流れなんだけど、その“ゆるさ”が、
なんともいえぬ“心地よさ”も感じるから不思議。


週末の夜らしく、肩ひじはらずに、
リラックスして観賞できる。



脚本・演出は宮藤官九郎。

彼が7年もの歳月をかけて構想したという、
“初”の刑事ドラマも主演を務めるのは、
『タイガー&ドラゴン』以来、5年ぶりに
タッグを組むという、TOKIOの長瀬智也。


長瀬智也は、最近、
こういったコメディもののドラマが
板についてきたような???


彼をとりまく、坂東三津五郎、生田斗馬、
要潤、おぎやはぎの矢作兼といった
「うぬぼれ5」のメンバー、
うぬぼれの父親役・西田敏行、
相棒役の荒川良々といった個性豊かな
共演陣とのかけあいも、くだらないけど、
ついつい“クスッ”と笑ってしまう。


ナチュラルメイクで登場する、
元恋人役の中島美嘉も、結構、注目のポイント。


第1回目の放送を見たとき、
「こっちのほうがいいんじゃない?」って、
感じるほど、そのキュートさを感じてしまった。


“うぬぼれ”が好きになってしまう、
犯人役の女性俳優陣も超豪華で、しかも意外。


第2回の蒼井優のときなんて、
「いつも清楚で、ナチュラルな感じの彼女が、
こんな役もできるんだ・・・」って、
思わず感心してしまった。

そんな、“意外”な演出を仕掛けてくるところも
クドカンならではなんだろうけど・・・。


とにもかくにも、いつの間にか、また、
“クドカンワールド”にハマってしまいました。


ちなみに、次回の犯人役は、小泉今日子。


彼女もすっかり“アイドル”ではなく、
“個性派俳優”になってしまったなあ。


つくづく時代の流れを感じます。


そんなわけで、今回は、このドラマの主題歌
TOKIOの『NANANA(太陽なんていらねえ)』を
ピックアップしました。


TOKIO

玉置浩二作詞・作曲、安全地帯がプロデュース
したというこの楽曲。

TOKIOらしい、“男臭さ”が染みついた、親しみやすい
ノリノリのポップチューンに仕上がっています。


ドラマでも共演している生田斗馬が出演する
PVも、ぜひチェックしてみてくださいね!



 

▼TOKIO『NANANA(太陽なんていらねえ)』
NANANA(太陽なんていらねえ)


▼TBSドラマ『うぬぼれ刑事』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/unubore5/



▼TOKIOオフィシャルサイト
http://www.johnnys-net.jp/j/artists/tokio/

 


 

posted by 猫たけし at 00:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ&CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

今春のドラマ何を見る?

見ごたえのある、充実した内容がそろった
今クールのドラマ。

とくに、これまでの主流だった
拳銃を使った派手なアクションとは一線を画す、
阿部寛主演の『新参者』をはじめ、
心理描写を上手に描いた刑事ドラマが面白い。


なかでも、僕のおすすめは、
フジテレビ火曜夜9時から放送されている
上戸彩主演の刑事ドラマ
『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』。

絶対零度〜未解決事件特命捜査〜


昨年11月1日、警視庁内に新設されたばかりの
「特命捜査対策室」を舞台にしたこのドラマ。

刑事ドラマ初出演という上戸彩が、
「正義感があり、真実をあばきたいという
強い熱意のもと、地道に努力を重ねる新米刑事」を
体当たりで演じている。


室長役の北大路欣也はじめ、杉本哲太、
宮迫博之、山口紗弥加、中原丈雄、丸山智己
といった、脇を固める個性豊かな
キャスティングもハマっている。


何より、主人公が事件の核心に迫るため、
被害者の過去をたどりながら、その過去と
リンクする、クライマックスの演出が繊細。


まるで霧が晴れるかのような、
ふわっと事件の真実を優しく溶けほぐすと同時に、
事件被害者の心情がぐっと見る者の心に迫る、あの感覚。

あの場面で、思わず主人公とストーリーに
感情移入してしまう自分がいる。


間違いなく、上戸彩自身にとっても、
新境地のドラマになっているんじゃないかな?



ちなみに、このドラマのオープニングと主題歌を歌うのは、
今年で、デビュー10周年を迎えた男女2人組ユニット、
LOVE PSYCHEDELICO(ラブサイケデリコ)。


LOVE PSYCHEDELICO

このドラマのプロデューサーいわく、

「ドラマの企画があがった段階で、世界観にピッタリと重なった」
という、2つのタイアップ曲。

いずれも、過去のアルバムに収録されている曲なんだけど、
ストーリーのはじまりという高揚感をかきたてる、
オープニングの『Shadow behind』も、
このドラマのためにアップデートしたという、
切ないギターサウンドが印象的な
『dry town〜Theme of Zero〜』も、
彼ららしい音のスパイスが、ドラマにマッチしていて、
とてもカッコイイ。



さて、本題に戻り、このドラマもいよいよ佳境に。


山口紗弥加演じるプロファイラーと、
室長演じる北大路欣也の心の傷にもなっている
「杉並事件」を追っていた主人公が、
事件の真実に迫りかけた途端、
真犯人につかまってしまうという場面で
終わってしまった前回。


果たして、特命捜査対策室第4係のメンバーは、
主人公を無事救出できるのか?
そして、事件の本当の真実とは?


今週も、このドラマから目が離せません。


▼LOVE PSYCHEDELICO『dry town〜Theme of Zero〜』dry town〜Theme of Zero〜


▼LOVE PSYCHEDELICOレーベルオフィシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A014319.html


▼『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/C-273/


 

ラベル:ドラマ
posted by 猫たけし at 00:30| 福岡 | Comment(4) | TrackBack(1) | テレビ&CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

今秋のドラマ何をみる?

放送前から期待が高まる『ライアーゲーム シーズン2』を
除いて、ひととおり各局スタートした今秋のドラマ。


小栗旬&水嶋ヒロのイケメンコンビの
かけあいが注目の月9に、山崎豊子原作の
長編小説のドラマ化、『相棒』や『交渉人』といった
人気シリーズの続編と、ひさびさに話題作が多いなか、
僕がやっぱり注目してしまう、医療系のヒューマンドラマ。




なかでも、毎週楽しみにしているのが、
日曜夜9時から放送されている
TBS系ドラマ『JIN-仁-』。


JIN-仁-


『スーパージャンプ』で連載されている、
村上もとか原作の歴史SFマンガのドラマ化。


スーパージャンプ『JIN-仁-』


現代から幕末の日本にタイムスリップしてしまった
脳外科医が、「過去の人間の生死に関わることで
歴史を変えるかもしれない」と悩みながらも、
現代の医療技術を用いて江戸の人々の命を救おうと
するストーリー。


なんといってもこのドラマの肝は、
主人公・南方仁を演じる大沢たかお。


誰も知る人がいない、医療機器が未発達の江戸で一人、
自らの知識をフル回転させて、必死で目の前の患者と
向き合おうとする彼の演技は、見ていて本当に熱い
“何か”を感じてしまう。


彼の医術と人柄に惹かれ、看護婦として、
慣れない手つきで必死に彼をサポートする、
綾瀬はるかも、けっこう役にはまっているし。


馴染みのある幕末の英雄を、
内野聖陽、小日向文世、武田鉄矢といった俳優陣で
キャスティングしているところも、
「ツボをおさえているなあ」と感じた。


正直、この原作は読んだことがないし、
マンガが原作のドラマは当たり外れがあるからなあって
思いつつ、初回の放送を見て、それ以来ずっと見続けている。




今後、原作とは違ったストーリー展開になる
このドラマのキーパーソンになると思われるのが、
現代と幕末で2人の女性を演じる、中谷美紀の存在。


11月1日放送の第4話では、現代で植物状態にあるはずの
仁の元恋人にそっくりの女性が仁の前に登場するという、
ストーリーの最初のターニングポイントを迎える。


いつの時代も、「人を救うのは人である」ということを
見る人に真っ直ぐ伝えようとするこのドラマ。
要チェックですよ!



▼TBSドラマ『JIN-仁-』番組サイト
http://www.tbs.co.jp/jin2009/


▼集英社『JIN-仁-』紹介サイト
http://sj.shueisha.co.jp/contents/jin/
【音楽プラス】>>> このドラマ主題歌を歌うのは...
posted by 猫たけし at 12:35| 福岡 | Comment(3) | TrackBack(1) | テレビ&CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

期待のドラマはじまりました

これまででは見られないような、
バラバラのスタートになった今夏のドラマ。


正直、「あまり面白そうなドラマはないな」
なんて思っている今夏のドラマのなかで、
待ちに待ったドラマ『救命病棟24時』が
やっとスタート。


▼『救命病棟24時』番組サイト
救命病棟24時


1999年から続くシリーズの第4弾。


江口洋介演じる進藤のゴッドハンドぶりと
松嶋奈々子演じる小島の成長ぶりが気になって、
第1シリーズからずっとみてきたこのドラマ。


今作は、「救命救急の崩壊」をテーマに、
恒常的な医師不足が問題化している
現在の医療体制を背景にストーリーが
展開されるそうだ。


江口洋介のバイク事故でスタートが
この日になったけど、これまでのシリーズ同様、
今度も期待どおりの内容になりそうな感じ。


医療ミスで裁判を起こされた小島がどう立ち直るか?
進藤が薬で逃げている忘れたい過去とは?
そして、ユースケサンタマリア演じる澤井と進藤の攻防…etc


1クール3カ月という番組スタイルがくずれた最近。

スタートが1カ月倒れたことにより、
いつまで放送されるのかも注目になりそう。


いずれにしても、毎週火曜日が楽しみだなあ。



さて、今回は、『救命病棟24時』の主題歌を
全シリーズ担当しているドリカムのナンバーから、
現在、ホークスの本多選手の登場ソングにもなっている、
第3シリーズの主題歌の『何度でも』をピックアップ。


その先へ


今年でデビュー20周年を迎えるドリカム。
第4シリーズの主題歌になる『その先へ』は、
現在ツアーで参加しているFUZZY CONTROLを
フィーチャリング・アーティストに迎え、
ドリカム初のツイン・ボーカル&ツイン・ベースに
挑戦している。


リリース日の9月9日と20周年にちなみ、
初回限定盤のシングルは999円(サンキュー)で発売。


気になる人はドラマやホームページをチェック!



▼DREAMS COME TRUE『何度でも』
何度でも


▼DREAMS COME TRUEオフィシャルサイト
http://www.dctgarden.com/
posted by 猫たけし at 02:48| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ&CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

元気なアラフォーウーマン

キムタクの新ドラマを残し、
ひととおりスタートした今クールのドラマ。


各局人気俳優を揃えているわりには、
ここ数クールとうってかわって、
全体的に元気がないような気も???

どのドラマにも、堀北真希ちゃん、新垣結衣ちゃん、
長澤まさみちゃん、上戸彩ちゃんという
人気俳優が出てるのにだ。


一方、見ていて思わず「カッコイイ」と
感じたのはこの方。天海祐希。


▼フジテレビ木曜ドラマ『BOSS』WEBサイト
天海祐希


フジテレビ木曜10時から放送されている
彼女主演のドラマ『BOSS』。

竹之内豊はもちろん、ケンドーコバヤシ、温水洋一と
個性的なキャラクターがそろうこのドラマのなかでも
「さすが主役」と思わせる風格を漂わせている。

やっぱりこの人は、普通の恋愛ドラマより
こんな男まさり(?)のカッコよさと
「DAKARA」のCMのようなちょっとオトボケ感が
前面にでたドラマのほうが似合うような気がする。


出演陣が豪華なことも手伝ってか、
視聴率は今クールでトップ。

第1回の武田鉄矢はじめ、犯人役となる
ゲスト出演者が誰かも含め、要チェックのドラマです。



元気なアラフォーウーマンといえばもう一人。

先日、デビュー20周年の記念に、
今年いっぱいの期限つきで
再結成したリンドバーグの渡瀬マキ。


リンドバーグ


ここ1、2週間ぐらいあちこちのメディアで
見聞きする機会が増えた彼女。

全盛期とかわらないパワフルで元気いっぱいの
ボーカルと心ゆさぶるサウンド。

学生時代によく聴いていたころと変わらない、
そして、今聞いても新鮮なポップサウンドに、
思わず、最新アルバムを買っちゃいました。


そういえば、渡瀬マキ。
今年で40歳。しかも子持ちのお母さん。

そんなことを感じさせない、
昔と変わらない「元気さ」と「キュートさ」に
思わず、リスペクトしちゃいます。

こんな彼女を「母ちゃん」と呼べる子どもたちは
絶対にシアワセだろうなあ。


聴いてて、誰もが元気になれる「リンドバーグ」。
再録といえど、このアルバムあなどれませんよ!



▼LINDBERG『今すぐkiss Me』(最新アルバムVer)
今すぐkiss Me


▼LINDBERGレーベルサイト
http://www.avexnet.or.jp/lindberg/
posted by 猫たけし at 23:52| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ&CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。