2009年09月07日

気になる女優〜平愛梨(たいらあいり)

公開当初はあまり興味のなかった『20世紀少年』。



▼映画『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』公式サイト
20世紀少年


先日、テレビで2週連続放送された
第1弾・第2弾を見続けたこともあって、
どうしても続きが気になったあげく、
最終章を映画館で鑑賞することに。


原作マンガは読んだことがないため、
純粋に映画だけでのレビューでしか書くことが
できないのだけれど、3シリーズ通しての感想は、
エンタテイメント性はあるのだけれど、
最終章になるにつれ、なんか全体的に
内容が単調になってしまったという感じ。



その理由のひとつとして、登場人物の多さ。


最終章では、見ている途中で、
「こんな人、以前の章で登場していたっけ?」って
思う部分がいくつかあったし、時間の制限もあるからか、
ストーリー展開が速すぎて、もっと個性を
発揮できるはずのそれぞれのキャラクターが、
大雑把になってしまったなあと感じた。


まあ、事前のマンガでの予習なく、
そのまま映像から入ってしまった僕にも
反省はあるのだけれど・・・。


そういった意味では、「映像化不可能」と
いわれていた理由もなんとなくわかる。



それにしても、強く印象に残ったのが、
カンナ役を演じた平愛梨。


▼平愛梨オフィシャルサイト
平愛梨


オーディション番組でDA PUMPのISSAの妹役として
華々しく芸能界にデビューしながら、
その後はなかなか脚光を浴びれずにいた苦労人。


この『20世紀少年』のオーディションに
合格しなければ芸能界引退を考えていたそうで、
自身の髪を40cm以上切り落としてつかんだ
大役ということもあって、彼女の演技ひとつひとつに
イキイキとした躍動感を感じた。


何より、彼女のキリっとした力強い目が印象的。


きっと、現代劇よりこのようなアクションもののほうが、
彼女にあっているんだろうなあ。


そういった意味では、彼女のカンナ役は適任だっだのかも?


いずれにしても、この映画が
ターニングポイントになった彼女。

今後の活躍に注目です。



▼平愛梨オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/taira-airi/

【音楽プラス】>>> 平愛梨が憧れる女性歌手
posted by 猫たけし at 12:25| 福岡 | Comment(8) | TrackBack(0) | 気になる… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

気になるCM〜日産「新型cube」編

ひさびさに気になるCMに出会った。
現在オンエア中の、日産新型cubeのCM。


▼日産cubeスペシャルサイト「PEACEFUL LOUNGE」
日産cube


CMに使われている楽曲は、
1994年に小沢健二とスチャダラパーで大ヒットした
懐かしのナンバー『今夜はブギーバック』。


現代風のテクノサウンドにアレンジされて、
よりスタイリッシュさを感じさせる。


サウンドと一緒にコミカルに動くイヤミをはじめ、
赤塚不二夫のキャラクターも面白い。




ひさびさにインパクトを感じたこのCM。
調べてみると、歌っているのは、
ガールズポップユニットのHALCALI。


▼HALCALIオフィシャルサイト
HALCALI


TOKYO NO.1 SOUL SETとユニットを組んで、
「TOKYO No.1 SOUL SET × HALCALI」という
名で歌っているそうだ。


それにしても、このCMソング『今夜はブギー・バック』、
結構、ほかのアーティストがライブなどでカバーしている。


竹中直人に、KREVA、そして、あの宇多田ヒカルも歌っていた。


それだけ、誰もがこの曲に衝撃を受けたということか???


考えてみれば僕自身、この曲ではじめて日本語で
歌われるラップというものを知ったような・・・。


オザケンとスチャダラパーの相反する
「静と動」のキャラクター。

スローなディスコサウンドのなかにも、
どこか何かを期待させるドキドキ感を
思わせるムーディーなメロディー。

まさに、名曲といえるナンバー。



この曲がリリースされた当時は、
まだまだバブルがはじける前の
夢がある、ノリノリの時代。


あのとき、現在がこんな暮らしづらい、
先も見えない暗い時代になっているなんて、
誰が想像していただろう?


「エコカー減税」や「ETC割引」など、
不況の自動車業界を救う起死回生の策が次々に導入され、
いまこそ、「この波に乗り遅れるな!」と
販売に力を注いでいる自動車メーカー各社。


今回の『今夜はブギーバック』のCM起用も、
このトレンドを象徴しているものといえるのでは?


PLAY BACK バブル!


ずっと、暗い話ばかりしか聞いたことのない
「ロストジェネレーション」世代の僕にとって、
一度でいいからあの当時テレビドラマで見たような
カッコイイ生活は、もはや夢ばなしで片付けるしか
できないのだろうか?



▼スチャダラパーfeat.小沢健二『今夜はブギーバック』。
今夜はブギーバック


▼スチャダラパー公式サイト
http://www.schadaraparr.net/
posted by 猫たけし at 01:46| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

気になるCM美少女〜川口春奈(かわぐちはるな)

ここ数日、透き通るような青空と
まぶしい太陽の光が降り注ぐ日が続く福岡。


昨日、今日と、「光化学スモッグ注意報」が
発令されていたなんてつゆ知らず、
雲ひとつないきれいな青空を見上げると、
心のモヤモヤも和らぎ、とってもリラックスできる。


「青空」でふと僕が思い出すのが、ポカリスエットのCM。


▼大塚製薬「ポカリスエット」CMサイト
ポカリスエットCM


商品のイメージカラーである「青」のように、
宮沢りえに中山エミリ、綾瀬はるかなど、
「青空が似合う、さわやかで、健康的」な
美少女を起用しているイメージが強いこのCM。

今年は、"KEEP YOU BEST"をキャッチフレーズに、
13代目の「三井のリハウスガール」にも選ばれた
川口春奈ちゃんを起用。


▼川口春奈オフィシャルサイト
川口春奈


Hi-Fi CAMPの新曲『一粒大の涙はきっと』の
音楽とともに、サッカーでさわやかな汗を流す、
とても好感のもてるCMに仕上がっている。



ちなみに、雑誌『ニコラ』でも
グランプリを受賞したという経歴をもつ彼女。
プロフィールをみてみると、僕の住む九州の
長崎県五島市出身だとか。

まだまだあどけなさも残っているけど、
彼女もまた、このCMの歴代イメージキャラクター同様、
ここから大きく飛躍するんじゃないかなあ…。



さて、今回は数ある「ポカリスエット」のCMソングの中から、
ZARDの『揺れる想い』をピックアップ。


坂井泉水


早いもので、坂井泉水の衝撃的な死から2年。

学生時代、彼女のCDをよく聴いていた僕にとって、
この曲も思い入れのある一曲。

試合前や試験勉強中、リラックスしたいときには
よくこの歌も聴いたものだった。


三回忌にあたる今月27日には、彼女の2ndシングル
『不思議ね…』のカップリング曲だった
『素直に言えなくて』のシングル化が決定。

彼女と同じレーベルに所属する倉木麻衣も
コーラスで参加するらしい。

いつまでも色あせない名曲を残した
彼女の冥福を祈って、改めて合掌。



▼ZARD『揺れる想い』
揺れる想い

▼ZARDオフィシャルサイト
http://www.wezard.net/
posted by 猫たけし at 17:47| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

気になるCM〜カルピス「ガンバレ初恋」編

昨年まで長澤まさみちゃんが出演していた
カルピスウォーターのCM。


今週からオンエアされている新CMの、
「ガキぃ!」って叫ぶかわいらしい
仕草が印象的な女の子が気になった。


▼カルピスウォーター「ガンバレ初恋」編CMサイト
カルピスウォーターCM


でも、どこかでみたことがある…。


早速調べてみて納得。

昨年、三浦春馬が出演していた
『ブラッディ・マンデイ』で主人公の
妹を演じていたあの女の子だった。


川島海荷


彼女の名前は川島海荷(かわしま・うみか)。

1994年の15歳。新垣結衣と同じ事務所に所属し、
“9nine”というアイドルユニットにも加わる、
キュートな顔に相反して活発な一面も持っている
女の子のようだ。


ちなみに彼女。4月スタートのNTV系水曜ドラマ
『アイシテル-海容-』にも出演が決定。

今後は、映画などの主演も決定し、
さらなる活躍が期待される。



また、このCMソングを歌うのは、
これまた今年注目されている
女性シンガーの阿部真央(あべ・まお)。


阿部真央


1stアルバム『ふりぃ』で華々しいデビューを
飾った彼女は、九州・大分県出身。

今回、CMソングとして起用されている
『I wanna see you』は5月27日リリース。

これが彼女にとってのデビューシングルになるらしい。


フレッシュさ満載のこのCM。

これから暑い季節にむかって、
彼女たちがどう飛躍するか?
要チェックです!


▼阿部真央『ふりぃ』
ふりぃ

▼阿部真央オフィシャルサイト
http://abemao.com/

▼川島海荷所属事務所公式サイト
http://www.lespros.co.jp/jclass/umika_kawashima/index.html
posted by 猫たけし at 23:30| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

気になる歌姫〜星羅(せいら)

3月からオンエアされている、
サントリー「なっちゃん」の新CM。


▼サントリー「なっちゃん」CM
なっちゃん


田中麗奈、星井七瀬、堀北真希と、
若手の注目女優を起用しつづけていたこのCM。

5代目にして、イメージを一新。
新人アーティストを抜擢した。


星羅


彼女の名は星羅(せいら)。

中学1年生の頃から独学でギターをはじめ、
2007年9月から弾き語りでライブ活動を開始。

デビュー前にもかかわらず、
「ap bank fes '08」や「若若男女サマーツアー08」
といった夏フェスに出演するなど、
このCM前から注目されていたしい。


2008年9月に、『He’s in love with her.』が
iTunes「今週のシングル」で話題を集め、
11月に同曲を収録したミニアルバム『コンパス』
でインディーズデビュー。

今回の「なっちゃん」のCM出演にいたる。


なんでも「なっちゃん」の広報ブログによると、
「やわらかくも芯のある歌声とナチュラルな雰囲気、
そして、“これからもっともっと多くの人に歌を
届けたい!”という夢を持って活動する、
そのひたむきさ、前向きさが、なっちゃんの
“みずみずしくて明るい”イメージにすごく合っている」
ということで、今回の起用につながったらしい。


確かに、このCM。

彼女が真剣に歌う姿は、
「うたがある、なっちゃんがある」のキャッチコピーの
イメージにすごくマッチしているし、
ストーリーは変えつつも、これまでこのCMで一貫して
主張してきた「親しみやすさ」というコンセプトを
まったく崩していない、演出家の“巧みさ”も評価できる。

とても、好感のもてるCMだと思う。


ちなみに、5月13日に『数字と恋』で
メジャーデビューが決定した彼女。

これまでこのCMで一気にブレイクした
田中麗奈、堀北真希同様、彼女がどう飛躍するか、
要チェックです!




さて、今回は、CMで彼女がカバーしている
エレファントカシマシの最新ナンバー
『絆(きづな)』をピックアップ。


3月28日公開、人気ドラマ『相棒』のスピンオフ映画
『鑑識・米沢守の事件簿』の主題歌になっているこの曲。


▼映画『鑑識・米沢守の事件簿』特設サイト
鑑識・米沢守の事件簿


今回も、この映画のストーリー同様、
ボーカル宮沢浩次の「男くさい」、
「熱く」「シブイ」ラブソングが炸裂しています。

『相棒』といえば、3月18日放送のSeason 7の最終話で、
水谷豊の新“相棒”として、及川光博が初登場。

寺脇康文とコンビだったころの「静と動」の
面白さが評価されていたと感じるこのドラマが
ミッチーの加入によりどう変わるか、
こちらも注目ですね。



▼エレファントカシマシ『絆(きづな)』
絆(きづな)


▼エレファントカシマシオフィシャルサイト
http://www.elephantkashimashi.com/

▼星羅オフィシャルサイト
http://www.seiramusic.com/
posted by 猫たけし at 19:34| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。